食道狭窄に再生医療 臨床研究を世界初実施 豊見城中央と中頭病院

豊見城中央病院と中頭病院はこのほど、食道がんの術後に陥る可能性のある食道狭窄(きょうさく)に対し、患者自身の口腔(こうくう)粘膜から培養した「細胞シート」を移植する臨床研究を実施した。豊見城中央病院に…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事