多様なニーズに応え
視界の質の向上に貢献


和田眼科

院長 和田 佳一郎

 

わだ・かいちろう●奈良県立医科大学卒業。日本眼科学会認定眼科専門医。多根記念眼科病院、県立尼崎病院、兵庫医科大学病院など、地域の基幹病院とも密に連携を取り、高水準の治療を目指している。

 
 

見え方の質を徹底的に追求した高度な白内障手術

 「ご高齢の方もゴルフやハイキングなどの趣味を楽しまれるなど、ライフスタイルが多様化した現在では、患者さん一人ひとりの求める『見え方』も異なります。各々の理想の見え方を実現すべく、質の高い治療の提供に心を砕いています」と、和田眼科の和田佳一郎院長は語る。同院では最新のレーザー機器や硝子体手術機器、3台の超音波吸引装置など、大学病院並みの設備を導入。それらを活用し、白内障や網膜硝子体に対する最新の手術からドライアイなどの身近な疾患まで、幅広い眼疾患に対応していく。特に白内障手術では、和田院長自ら開発した機器を使って極めて小さな切開で行う。その際、単焦点・多焦点の眼内レンズに加え、乱視矯正や老眼治療が可能なタイプなど、さまざまなレンズを患者の希望に沿って使い分ける。
 
 
 これらの取り組みにより、同院が手がけた手術は4400件以上にものぼる(※)。手術以外の診療内容に保険が適用される「先進医療実施施設」にも認定されており、現在では中間距離にもピントの合う最新の三焦点眼内レンズも導入している。さらに、小さなレンズを眼内に挿入して裸眼視力を回復させるICL(有水晶体眼内レンズ挿入手術)の提供も始めた。「角膜を削らずに済み、レーシックに抵抗がある人でも受けられるうえ、乱視の矯正効果も高い治療です。幅広い治療の選択肢を持つことで、多様なニーズに応えられれば」と和田院長。
 こうした幅広い眼科医療に通底するのは、「視界の質に徹底してこだわる」という同院のポリシーだ。「従来、眼科は目の疾患により生活に困ったら受診する場でした。しかし、膨大な情報を得る眼にはいま、ただ見えるだけでなく、より良い見え方が求められています。多くの方の希望を叶え、豊かな生活を送ってもらいたい。その手助けができるよう、今後も研鑽を重ねていきたいと思います」

 
 
※2010年7月~2018年12月まで
※多焦点眼内レンズを用いた白内障手術やICLは保険適用外。多焦点眼内レ

ンズを用いた白内障手術:片目34万円、ICL:乱視なしの場合 片目28万円(

税込) 乱視ありの場合 片目30万円(税込)。
 
 
 

Information

和田眼科

ホームページ

〒663-8245 兵庫県西宮市津門呉羽町1-28 今津医療センター2F
TEL.0798-39-3777

【診療時間】月・水・金 9:00~13:00/15:00~18:30
      火・木・土 9:00~13:00 ※火の受付は11:00まで
【休診日】火午後・木午後・土午後・日・祝