hp
理想の脳卒中治療の 実現に向けて専門医が結集
24時間365日、大学病院レベルの医療を

【福岡脳神経外科病院】 (福岡県福岡市)

hukuoka9

hukuoka2
 
医療法人 光川会
福岡脳神経外科病院
 
 
院長 風川 清
かぜかわ・きよし●日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、日本脳神経血管内治療学会認定脳血管内治療専門医。1982年防衛医科大学校卒業。自衛隊中央病院、国立循環器病センター、福岡徳洲会病院を経て、2008年〜17年3月まで福岡大学筑紫病院脳神経外科教授。17年4月より現職。
 
 

熟達した専門医が13名夜間も専門医2名を配置

脳卒中はいかにより早く、より質の高い治療を受けられるかが患者の予後を大きく左右する。福岡脳神経外科病院は脳卒中の急性期医療の理想を追求して2017年4月に開院。大学病院レベルの医療を24時間365日提供している。
 
24時間365日、医師が常駐すること自体は、専門病院や大病院の脳神経外科ならば実現していることだ。ただ、確かな人材を十分確保するのが容易ではないことから、多くの病院では時間帯によって医療水準にばらつきが見られている。「グループ施設であるごう脳神経外科クリニックや、私が長年在職していた福岡大学筑紫病院のバックアップも得ながら、理想の人員体制を実現させました」と風川清院長は語る。
 
同院に在籍するのは全員がキャリアを積んだ専門医だ。日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医が常勤7名、非常勤6名、うち6名が日本脳神経血管内治療学会認定専門医となっている。休日や夜間も必ず2名の専門医が常駐し、緊急の患者に対処する。手厚い人員によって、医師が夜勤明けの日に休みを取ることも可能なため、常に万全の体調で診療に臨めるようになっているという。

最新のCT、MRIで正確な診断につなげる

最新のCT、MRIで正確な診断につなげる

カテーテルを使った血管内治療に重きを置く

設備面も大学病院レベルを実現した。最大18床のSCU(脳卒中集中治療室)、3つの手術室を備え、うち1室は従来の手術室に血管カテーテル装置を組み合わせたハイブリッド手術室、MRIは1・5テスラと3・0テスラの2台を導入するなど、最先端の設備環境を誇る。年間の手術数が500件以上になればハイブリッド手術室を2室に増やす予定である。
 
同院では、特にハイブリッド手術室を活用した血管内治療に注力しているという。従来の開頭治療に術中の血管撮影検査を加えたり、開頭治療と血管内治療との組み合わせを積極的に行う方針である。「血管内治療には、脳動脈瘤へのコイル塞栓術や脳梗塞に対するステント留置術及び血栓回収療法などがあります。例えば脳動脈瘤において従来は開頭を要した症例が、コイルとステントの進化により塞栓術で治療可能になるなど、血管内治療は進歩し続けています。これまでに私は多くの動脈瘤を血管内で治療してきました。その経験を元に現在では7割以上を開頭せずに治療ができている状況です」と風川院長。一環として、脳動脈瘤の根元の血管に特殊な網状の筒を留置し、血液が瘤の中に入りにくくする最新の血管内治療「フローダイバーター留置術」も行う。この手術を受けられる医療機関は2017年5月現在、全国20数施設、九州では同院を含め3施設しかないという。
 
手術の難易度の高い脳腫瘍や脊髄疾患などの症例では全国的に知られる名医を招き、手術を手掛けてもらえるようにもしている。「脳神経疾患の分野は多岐にわたり、時には我々の技量だけでは十分でないと判断するケースもあるのが実情です。そのような場合に、最も適したエキスパートにお手伝いしていただきます。患者さんにとっての最善の治療の実現に向け、あらゆる手を尽くすのが我々のモットーなのです」
hukuoka7
 

医療レベルは高いが 敷居は高くない病院に

大学病院級の高度な医療を提供しつつ、大学病院にはないものも追う。「高級ホテルのようなホスピタリティを提供し、かつコンビニエンスストアのように敷居が低く受診しやすい病院に。さらに脳に関わる一次から三次までの幅広い救急医療を行うことを目指しています」と風川院長は強調する。同院の診療のメインは手術目的の入院患者や救急車で搬送された患者の対応だが、一方で頭痛やめまいなどの変調をきたし外来で受診する地域住民の来院も多い。そうした患者にとっての敷居を下げることを心がけた結果、「診てもらいやすい脳の病院が近くにできてよかった」との声も多く寄せられているという。
 
「当院は九州一、日本一の脳疾患の手術件数も夢ではないスタッフと設備と立地条件が揃っています。秋には常勤医が9名に、来春には10名以上になる予定で、現在60床のベッド数も増やす計画です。技量のみならず接遇面も磨きながら、より多くの患者さんに満足いただけるよう高めていきたいと思っています」。患者第一の考えのもと、最良の医療の追求は続く。

同時に4人の患者を診察できる救急外来

同時に4人の患者を診察できる救急外来

Information
診療科目:脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科
外来診療時間:月〜土 9:00〜12:30
休診日:日・祝・年末年始
〒811-1313 福岡県福岡市南区曰佐5-3-15
TEL.092-558-0081
http://www.fukuokanh.jp/
hukuoka8