尿解析、大腸がん早期発見 慶大先端研の杉本特任教授ら方法開発

東京医科大教授でもある杉本特任教授らは東京医科大で大腸がん患者、ポリープ患者、健常者の計242人の尿検体を採取。慶応大先端研のメタボローム解析技術を使って、尿中の代謝物を網羅的に解析した。その結果、が…

もっと読む(記事の提供元へ)
関連記事
人気記事